親知らずの移植で大切な事

 親知らずは,移植のドナー歯として用いる事で有効に利用する事が可能です.

 しかし,どんな親知らずでもドナー歯になるわけではありません.

 親知らずは,アゴの骨に埋まっている状態で横向きになっている事があります.この様な親知らずは,親知らずを分割して抜歯しなければなりません.分割して抜歯した親知らずは,移植の適応とななりません.

 また,分割せずに抜歯出来る親知らずでも,すでに大きな虫歯が出来ていると親知らずの内部は細菌により汚染されています.この様な親知らずもドナー歯の対象から外されます.

 以上の条件を満たして,親知らずを移植した場合,親知らず内部の神経を除去する必要があります.この時,歯髄の形態が複雑だったり,歯髄が広すぎる場合も予後が悪いため慎重に移植を行なう必要があります.

親知らず

人気blogランキングに投票クリックへ
posted by NandH at 12:41 | Comment(2) | TrackBack(4) | 親知らずの有効利用

インプラントより親知らずの移植

 親知らずは,移植される歯(ドナー歯)として利用出来ます.

 例えば,大きな虫歯を作ってしまい,歯を抜かなくてはならなかったとします.歯を抜いて出来てしまったすき間に親知らずを移植する事で,周りの歯を削ったりせずに済みます.しかも,移植した親知らずは歯髄と呼ばれる内部の神経や血管は除去されるものの,歯根膜は生きた状態でかみ合わせを再生させます.

 一方,インプラントも同様に,歯を抜いて出来てしまったすき間を周りの歯を削ったりする事なく埋める事が出来ます.しかし,インプラントには歯根膜が無く親知らずの移植に比べると,噛む力により壊れやすくなります.

 親知らずの移植は,良い状態で移植出来,メインテナンスをきちんと行なえれば本来の歯と同様の期間維持する事が可能です.

 一方で,インプラントは7年持てば成功と言われているため耐久性としても親知らずの移植に劣ると考えられます.

 また,費用対効果としても親知らずの移植は優れています.
 親知らずの移植,インプラントともに保険の適応外,自費診療となります.

 例えば,親知らずの移植であれば1本あたり10万円前後ですが,インプラントでは40〜60万円が必要になります.

 この様な,特徴を把握し親知らずの有効利用を考えなくてはならないと考えます.

親知らずとかみ合わせ

人気blogランキングに投票クリックへ
posted by NandH at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 親知らずの有効利用

顎関節症と親知らずの関係

 親知らずは,永久歯(大人の歯)が放物線状にならぶ歯列の一番後(のどの奥の方)に位置しています.ほとんどの親知らずはきちんと生える事が出来ないために,斜めになったり,親知らずより前にある歯を傾斜させたりしながら生えてきます.

 一番奥にある歯の位置が変化する事で,ものを咬んだ時の上下の歯の接触状態も変化します.異常な接触状態になる場合は,アゴの関節や筋肉に負担をかける場合もあり顎関節症の原因となる場合もあります.

 また,親知らずが生えて来る18〜20歳頃は顎関節症が最も発生しやすい時期です.

 したがって,顎関節症と親知らずによる違和感が同時に発生する症例が多くある様です.
 この様な不具合を避けるためには,歯科医院による定期的な管理が必要になります.


人気blogランキングに投票クリックへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。