顎関節症と親知らずの関係

 親知らずは,永久歯(大人の歯)が放物線状にならぶ歯列の一番後(のどの奥の方)に位置しています.ほとんどの親知らずはきちんと生える事が出来ないために,斜めになったり,親知らずより前にある歯を傾斜させたりしながら生えてきます.

 一番奥にある歯の位置が変化する事で,ものを咬んだ時の上下の歯の接触状態も変化します.異常な接触状態になる場合は,アゴの関節や筋肉に負担をかける場合もあり顎関節症の原因となる場合もあります.

 また,親知らずが生えて来る18〜20歳頃は顎関節症が最も発生しやすい時期です.

 したがって,顎関節症と親知らずによる違和感が同時に発生する症例が多くある様です.
 この様な不具合を避けるためには,歯科医院による定期的な管理が必要になります.


人気blogランキングに投票クリックへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。