親知らずの抜歯 その3 痛くなく親知らずを抜く方法(前編)

どうせ親知らずを抜かなくてはならないのであれば,痛くなく抜きたいですよね.

では,どの様にすれば痛くなく抜けるのでしょうか?

親知らずが普通の抜歯に比べていたくなる理由は,骨に埋まっている親知らずを抜くために骨を削らなくてはならないからだとお話しました.

これは,どの様な施設で行なっても差けらない事です.

しかし,その骨を削る技術は医院や医師によってかなり違います.

骨を削らなくてはなら無いものの,上手な歯科医師では削る量をできるだけ少なくしてくれます.

また,歯を抜く時間もできるだけ短い方が,抜歯による炎症は小さく抑えられます.

ですから,上手な歯医者さんに親知らずを抜歯してもらうのが痛くなく抜歯ができる方法の1つです.




人気blogランキングに投票クリックへ
posted by NandH at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | 親知らずの抜歯

親知らずの抜歯 その2 親知らずの抜歯は痛い?

抜歯と言うとどんな抜歯でも痛いと思われる方がいらっしゃいます.

例えば,子どもの歯がグラグラな時に,その子どもの歯を抜くほとんどいたくありません.

また,矯正治療などで小臼歯(横の真ん中あたりの歯)を抜く時はあまり痛くありません.

では,なぜ親知らずの抜歯は痛いと言われるのでしょうか?

親知らずの抜歯は,あごの骨に埋まっている親知らずを抜く場合に痛くなります.
これは,抜歯をしたから痛いと言うよりも,抜歯をする時に周囲のあごの骨を削らなくてはならないから痛むのです.

上顎の親知らずの抜歯は,下顎の親知らずの抜歯に比べて痛くない事が多いです.

これは,上顎の親知らずはあごの骨に埋まらず顔を出している場合が多いからです.


親知らずの抜歯は痛い?

人気blogランキングに投票クリックへ
posted by NandH at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親知らずの抜歯

親知らずの抜歯 その1 親知らずを抜歯する必要性

親知らずは,上あご,下あごの一番奥に生えて来るものの,充分に生えるすき間が無いため,歯の一部分だけが生えた状態になってしまう事があります.

また,親知らずが生えて来る過程で,周囲のはに悪影響を及ぼす事があるのです.

そこで,親知らずを抜かなくてはならない場合があるのです.

親知らずの抜歯は,新しい病気をから体を守ったり,周りの歯を清潔に保つための予防法として抜歯する必要があるのです.


人気blogランキングに投票クリックへ
posted by NandH at 18:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 親知らずの抜歯

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。